女性の活躍推進

女性活躍推進協議会

女性行員が働きやすさや働きがいをさらに感じながら、自らの意識醸成や意欲向上を図っていくことを目的とした施策を提言するため、平成27年2月に「女性活躍推進協議会」を設立しました。女性行員がより活躍する職場づくりやキャリア形成、意識改革等をテーマに月に1回議論を重ねています。


子育て中の女性行員の支援

当行では、結婚・出産後も働き続ける女性行員をバックアップするため、様々な支援を行っています。

「育児短時間勤務制度」の拡充

子どもが小学校に入学するまで、午前9時から午後4時までを勤務時間とする「育児短時間勤務制度」を利用することが可能です。保育園の送迎などをする子育て中の行員を支援する制度で、多くの利用実績があります。

「働くママの応援講座」の実施

「働くママの応援講座」の実施

育児休業中の女性行員向けに、「働くママの応援講座」を実施しています。この講座では、育児関連制度の説明や、インストラクターによる産後ケア、機械端末操作の練習、先輩ママ行員からのアドバイスなどを行い、行員のスムーズな職場復帰をサポートしています。


「えるぼし認定」「くるみん認定」を取得

「えるぼし認定」「くるみん認定」を取得

女性活躍推進の取り組みで優良な企業が認定を受ける「えるぼし認定」、子育てサポート企業として認定を受ける「くるみん認定」を取得。女性をはじめ、全ての行員が能力を発揮し活躍できる職場環境づくりを行っています。


復職制度の導入

結婚、出産、育児、介護、転居等の理由により一度退職された方を、原則として退職時の処遇にて再雇用する「復職制度」を、平成29年4月より導入しました。この制度は、行員のライフサイクルに応じて、仕事と家庭のバランスのとれた働きやすい環境をつくること、そして退職時の処遇にて復帰することで、キャリアを途切れさせることなく、在職時に培ったスキルをすぐに発揮していただくことを目的としています。