ヒト、モノ、コトから栃木の魅力をPR!

自治体や大学、学校と連携し、県内外へ「栃木県の魅力」を積極的に発信し、PRに努めています。

大学での寄附講座を通じて、地方創生を実践できる人材を育成

大学での寄附講座を通じて、地方創生を実践できる人材を育成

地域活性化や地方創生の実現に貢献するため、栃木県内の大学・学校で寄附講座や出前講座を開講しています。当行の行員が講師となり、地域で抱える様々な課題や地方創生の現場で起きていることについて、一緒に考えディスカッションすることで、地域の魅力を引き出し、より良い地域をつくるために必要な幅広い知識の基礎と実践感覚を養い、地域の課題を把握し、地域資源の特性を活かした地方創生を実践できる人材を育成しています。

地元高校生の地域食材を使った商品開発をサポート

地元高校生の地域食材を使った商品開発をサポート

全国で唯一、内陸部の高校で水産科をもつ栃木県立馬頭高校の生徒による地域食材を使った商品開発について支援を行いました。同校が製造する「あゆ魚醤」「さけ魚醤」では、デザイン改善の課題を抱えていたため、当行の呼びかけで、県内企業や文星芸術大学などのアドバイスを得ながら、魅力ある新デザインのパッケージに生まれ変わりました。現在、地元の道の駅や県内のホテル料理で取り扱われています。

国体パートナーとして積極的にPR活動を展開

地方創生への取り組みの一環として2022年10月開催予定の「第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)」「第22回全国障害者スポーツ大会(いちご一会とちぎ大会)」の「国体パートナー」として、両大会の開催に向けた機運醸成に地域金融機関として取り組んでいます。本大会への募金に係るリーフレットやミニのぼり等を県内支店の窓口に設置し、本大会を積極的にPRしています。