INTERVIEW 005関谷 侑莉2014年入行
石橋支店 融資係 ローンアドバイザー
高校で日商簿記2級を取得し、その資格を活かせる銀行への就職を志望。子どものころから栃木銀行に親近感を持っており、私たちの生活に欠かせないお金に関わる仕事に興味があった。校内選考を経て高校推薦で就職試験を受け、入行。

「ありがとう、助かるよ」というお客さまの感謝の言葉で、
すべての努力が報われます。

「ありがとう、助かるよ」という感謝の言葉で、すべての努力が報われます。

高校を卒業し就職したため、大学卒業者が多い職場に馴染めるか不安でしたが、皆さんが優しく受け入れてくれて、すぐに打ち解けることができました。入行後は預金係、融資係、渉外係(個人渉外)などを経験。特に融資係では高校で学んだ簿記の資格が役立つ場面が多く、仕事が楽しく感じられました。現在はローンアドバイザーとして、ご来店された個人のお客さまに、最適なローン商品をご案内しています。

私が主に取り扱っているのは、住宅ローン、マイカーローン、フリーローン、カードローンなどで、可能な限り早く審査をすすめられるよう書類作成をしています。ある時、フリーローンをお申込みされたお客さまに、融資金のご入金のご案内をしたところ、「もっと時間がかかると思っていた。ありがとう。助かるよ。今度、知り合いを紹介するね」と、とても喜んでいただけました。このような“お客さまの声”を直接いただけるのが、ローンアドバイザーにとって最大のやりがいです。

借入金額の大きい住宅ローンは、複数の金融機関を比較検討されているお客さまがほとんどです。多くのお客さまにとって、住宅ローンを利用するのは一生に一度のこと。その大切な場面で栃木銀行を選んでいただけるよう、丁寧な説明を心掛けています。また住宅ローンの場合、住宅メーカーとスケジュール確認のやり取りをしたり、建築現場に行って進み具合を調査したりと、やるべき仕事も多く時間がかかります。先輩に同席してもらいながら仕事を覚え、最近では独りで案件を担当することも増えました。

銀行の仕事で大切なのはチームワーク。積極的にコミュニケーションをとることで相乗効果が生まれます。明るく前向きな方と、一緒に仲良く働きたいと思っています。

ある日のスケジュール

08:45
朝礼
09:00
各種ローン受付や審査書類作成
12:00
昼食
13:00
審査書類作成や建築現場の実地調査
16:00
融資の締め作業
17:00
退勤

キャリアステップ

2014年4月
入行 宇都宮東支店に配属 預金係を担当
2015年7月
融資係に
2018年10月
石橋支店へ異動し、融資係(ローンアドバイザー)を担当
将来の目標

将来の目標

ローンアドバイザーの仕事が完璧にできるようになったら、それ以外の銀行の仕事もたくさん経験していきたいです。