休眠預金等活用法の施行に伴う「休眠預金」の扱いについて

戻る

2019年01月04日

・2018年1月より休眠預金等活用法(「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」)が施行されました。

・2009年1月1日以降、10年以上、入出金等「異動」のない預金等は「休眠預金等」となり預金保険機構に移管され、最終的に「民間公益活動」の促進に活用されます。

・お客さまの預金が休眠預金等となっているかご確認いただく場合には、通帳等の口座番号やお取引状況が分かる書類をお手元にご用意のうえ、当行本支店の窓口までご照会・ご相談ください。

・休眠預金等となった場合でも、通帳・印鑑等をお持ちいただくことで窓口での払戻しが可能です。

●休眠預金等活用法の対象預金

 ・普通預金 ・当座預金 ・貯蓄預金 ・通知預金 ・納税準備預金 ・定期預金 ・定期積金 ・積立式定期預金 ・積立定期預金

●休眠預金等活用法の詳細については、金融庁や内閣府のウェブサイト等をご参照ください。

金融庁ホームページ・・・https://www.fsa.go.jp/policy/kyuminyokin/kyuminyokin.html

内閣府ホームページ・・・http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html

全国銀行協会ホームページ・・・https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-b/10117

以上