株式会社 栃木銀行(以下「当行」といいます)は、当行または当行関連会社とお客さまの間、ならびに、当行または当行関連会社のお客さま相互間において利益相反のおそれのある取引に関し、法令等および当行内部規定等に従い、以下のとおり、お客さまの利益を不当に害することがないよう適正に業務を遂行いたします。

  1. 1.当行では、利益相反のおそれのある取引(「対象取引」)として、次に該当するものを管理いたします。
    1. 1.お客さまの不利益のもと、当行または当行関連会社が利益を得ている状況が存在する取引
    2. 2.1.の状況が、法令・契約等にもとづき当行または当行関連会社がお客さまに対し負っている義務(忠実義務・善管注意義務・守秘義務)に反する取引
  2. 2.対象取引の管理方法として、次に掲げる方法その他の方法を適宜選択または組み合わせることにより、利益相反管理を行います。
    • 対象取引を行う部門とお客さまとの取引を行う部門を分離する方法
    • 対象取引またはお客さまとの取引の条件または方法を変更する方法
    • 対象取引または当該お客さまとの取引を中止する方法
    • 対象取引に伴い、お客さまの利益が不当に害されるおそれがあることについて、お客さまに適切に開示する方法
  3. 3.当行では、営業部門から独立した利益相反管理部署および利益相反管理責任者を配置し、対象取引の特定および管理を一元的に行います。また、これらの管理を適切に行うため、研修・教育を実施し周知徹底いたします。
  4. 4.当行および次に掲げる当行関連会社が行う取引が管理の対象となります。
    • 株式会社 とちぎんカード・サービス
    • 株式会社 とちぎんリーシング
    • 株式会社 とちぎんキャピタル
    • 宇都宮証券 株式会社

栃木銀行について TOPへ