地域の福祉・教育活動を支援しています。

福祉
Welfare
認知症サポーター

全営業店に認知症サポーターを配置し、業務上はもとより、一社会人としてさらなる地域貢献のできる体制を整備しました。高齢化が進み、増え続けると思われる認知症の方への理解を深めるとともに、ご本人やそのご家族が安心して暮らすことのできる社会の実現に少しでも寄与できることをめざしております。
今後も全職員の受講をめざし、積極的に取組んでまいります。

福祉
Welfare
とちぎ未来クラブとちぎ子育て家族応援事業への協賛

当行は、子育て家族を支援するため、栃木県設立「とちぎ未来クラブとちぎ子育て家族応援事業」に協賛しております。
とちぎ未来クラブが発行する「とちぎ笑顔つぎつぎカード」をお持ちのお客さまに、住宅ローンの金利割引を行っております。

福祉
Welfare
福祉車両購入のローン金利割引

福祉社会を見据え、お客さまのニーズにお応えするため、ご本人またはそのご家族が福祉車両(障がい者の運転補助装置付自操式車両、障がい者や高齢者の介護式福祉車両)を購入・改造される際の資金をサポートする取組みです。
「福祉車両専用マイカーローン」利用により、通常の「マイカーローン」店頭金利より割引いた金利が適用されます。

福祉車両専用マイカーローン

福祉
Welfare
盲導犬育成支援募金活動

平成7年より、すべての支店・出張所・本部・関連会社に盲導犬を模した募金箱を設置し、毎月の給料日を「盲導犬育成支援募金協力の日」と定め、全役職員が積極的に募金に協力しております。
平成29年2月に行われた募金贈呈で42回目を数え、募金総額も3,651万1,186円となりました。また、平成9年に振込手数料無料の専用の取りまとめ口座を設けるなど、一般の方に広く盲導犬の重要性を知っていただけるようにしたところ、平成28年12月までに3,669万6,961円の募金に協力していただきました。

福祉
Welfare
献血への協力

昭和41年より、献血活動に協力しております。
年2回、栃木県赤十字血液センターによる献血活動に本部・宇都宮市内店舗・関連会社の役職員が協力しております。平成28年度は延べ367名が協力いたしました。

福祉
Welfare
バリアフリーへの取組み

さまざまなお客さまに快適にサービスをご利用いただけるよう、バリアフリーへの取組みを推進しています。

  • 障がい等のあるお客さまが預金取引を行う際に、ご署名やお手続きの内容等の確認が困難な場合、行員による代筆・代読等の対応をさせていただきます。
  • 店舗の新築・移転時には点字ブロックを設置してまいります。
  • 当行が設置するATMはすべて、視覚に障がいのあるお客さまにも利用できる「ハンドセット方式」を採用しているほか、車いすをご利用のお客さまにも利用しやすいデザインとなっております。
  • ATMでのお振込みが難しいお客さまには、店頭での振込み手続きをATMでの振込みと同額の手数料としております。
  • 聴覚に障がいのあるお客さまのために、全店舗に簡易筆談器をご用意しております。

このほか、職員研修等を通じて、障がいのあるお客さまへの理解を深めるとともに、サービスの向上に努めております。当行のサービスをご利用なさるうえでお困りの点がございましたら、下記フリーダイヤルまたはファクシミリにてお知らせください。

0120-29-6043

受付時間
平日(月~金)9:00~17:00
※土日、祝日、年末年始を除く

028-634-6340

ファクシミリはこちら

教育
Education
インターンシップの受入れ

当行では、地元栃木在住ならびにUターン希望の学生のため、インターンシップの受入れを行っています。実社会において必要な能力を理解し、職業意識の醸成を図ることを目的としています。ビジネスマナーの習得や銀行業界への理解、営業店での見学や実習、行員とのディスカッションなどの体験をしていただいています。
当行での職業体験を、将来の就職活動に活かしていただくことを願っています。

教育
Education
職場体験、企業見学

地域の小・中学校、養護学校等からの依頼を受けて、児童・生徒の皆さまに出納機や貸金庫を実際に見ていただいたり、「おかねのはなし」という冊子を使って銀行の主な業務について分かりやすく説明をしています。
また、模擬紙幣を使って札勘(お札の数え方)を体験していただいたり、普段では見られない銀行内の施設や端末機器を見学していただいたりと参加者の皆さまにとって有意義な体験となるよう、担当者一同努めております。

栃木銀行について TOPへ