NISA・つみたてNISAで賢い資産運用

NISA(ニーサ):「少額投資非課税制度」の愛称
~中長期的な資産形成を応援するための税制優遇制度~

NISAとは、毎年の非課税枠から得た配当所得(普通分配金)譲渡所得(売却益)非課税となる制度です。
日本にお住まいの20歳以上※の方は、「NISA(一般NISA)」か「つみたてNISA」を選択して利用することができます。

※口座を開設する年の1月1日現在で20歳以上であることが条件です。

株式投資信託等の税制

株式投資信託等の配当所得(普通分配金)や譲渡所得(売却益)に対しては、
20.315%の税金が課税されますが、NISA・つみたてNISAでの取引においては、これらの税金が非課税となります。

 分配金受取時売却時
特定口座・一般口座 「普通分配金」に対し
20.315%の課税
「売却益」に対し
20.315%の課税
NISA口座・つみたてNISA口座 「普通分配金」に対し
非課税(0%)
「売却益」に対し
非課税(0%)

※当制度の内容は、2018年1月1日時点のものであり、税制改正により変更されることがあります。

NISA・つみたてNISAで「株式投資信託」を購入した場合は普通分配金、売却益が非課税となります。

「NISA」と「つみたてNISA」の5つのポイント

  • 1
    利用できる方

    日本国内にお住まいの
    満20歳以上の方

    • ※NISA口座を開設する年の1月1日現在
    • ※投資信託口座およびNISA口座の開設が必要です。
  • 2
    非課税の対象

    株式投資信託等の
    配当所得(普通分配金)譲渡所得(売却益)

  • 3
    非課税投資枠

    NISAは2023年まで
    毎年120万円
    つみたてNISAは2037年まで
    毎年40万円

  • 4
    非課税投資枠の総額

    NISAは総額で
    最大600万円
    (年間120万円×5年間)

    つみたてNISAは総額で
    最大800万円
    (年間40万円×20年間)

  • 5
    非課税となる期間

    投資をはじめた年から
    NISAは最長5年間
    つみたてNISAは最長20年間

NISA・つみたてNISAの口座開設について

「NISA」または「つみたてNISA」の口座開設は1人1口座(1金融機関)のみで、複数の金融機関での開設はできません。
「NISA」と「つみたてNISA」は選択制であり、同一年に両方の適用は受けられません。

※2015年1月1日以降、その年の非課税投資枠を使用していない場合は、一定の手続きのもと金融機関の変更ができるようになったほか、NISA口座を廃止した場合でも再開設ができるようになりました。

NISA・つみたてNISAは投資のための税制優遇制度です。

NISA(一般NISA)のイメージ

非課税投資枠について、2015年までは100万円でしたが、2016年より120万円に引き上げられました。

NISAの非課税期間(5年間)終了後について

  1. A.翌年分の非課税枠に移管し、引き続き保有する。(移管時の時価が120万円を超えていても全額移管することができます。)
  2. B.特定口座等の課税口座へ資産を移管し、引き続き保有する。
  3. C.売却する。

AとBの場合、非課税期間終了後に継続保有する場合の取得価額は、非課税期間終了時の時価となります。

NISA口座におけるロールオーバーのご案内2014年分のNISA口座は、
2018年末で非課税期間が終了になります。

つみたてNISAのイメージ

20年間の非課税期間終了後は売却するか、課税口座へ資産を移管して引続き保有することができます。

「NISA」と「つみたてNISA」の比較

ジュニアNISAについてはこちら

 NISAつみたてNISA
非課税投資枠 120万円/年 40万円/年
非課税期間 最長5年 最長20年
口座開設期間 2023年まで 2037年まで
対象商品 上場株式、ETF、投資信託等 一定の要件を備えた投資信託等
運用方法 通常買付・積立方式 積立方式のみ
ロールオーバー(非課税期間終了時の保有商品の口座移行) 可(※) 不可(※)

※「NISA」から「つみたてNISA」へのロールオーバー、「つみたてNISA」から「NISA」へのロールオーバーは制度上認められていません。

お問合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問合わせ

栃木銀行 金融サービス部

0120-630-521

受付時間
平日(月~金)9:00~17:00
※土日・祝日・年末年始を除きます。

店舗へのご相談

店舗・ATM

投資信託 TOPへ

  • とちぎん投資信託ナビ