マイホームを購入する際には、頭金や各種手数料を始め、マイホームを購入する際に必要な諸費用を予め計算する必要があります。具体的な計算は当行のローンアドバイザーがお手伝いさせていただきますのでご安心ください。

貯蓄から「入居費用や生活予備費」などを差し引いて計算。

住宅資金は、家を買うのに必要な「購入諸費用」と「頭金」のために準備するお金です。
貯蓄のすべてを住宅資金に使ってしまうと、家を購入した後の生活が不安なので、貯蓄から、引越費用などの「入居費用」や、病気・ケガなど万が一に備える「生活予備費」などを差し引いた金額にすることが重要です。

年収の20%以内がローン返済額の目安です。

家の購入で多くの人が活用する住宅ローン。購入予算を決める過程では、「いくら借りられるか」も考慮しなければなりません。
住宅ローンには「収入基準」といわれる条件があり、毎年のローン返済額は年収の20%程度が目安になります。この目安をもとに何年のローンにするかを考え、収入から逆算して住宅ローン借入総額の目安を知ることができます。購入予算を決める際の、重要なヒントになるはずです。

「頭金」は価格の20%以上用意するのが理想です。

家の価格のうち現金で支払う「頭金」は、一般的に価格の20%以上が理想です。少なくとも10%以上は用意したいといわれています。
それは頭金が多ければ借入額が少なく済み、返済の負担も減るからです。

「頭金」が少なくても買える人。

それでは貯蓄から「入居費用や生活予備費」を差し引くと、十分な頭金が払えない場合、家を買わないほうがいいのでしょうか。
以下の条件を満たせる人は、購入を検討してはいかがでしょうか。

  1. 1.無理のない返済額、金利タイプ、返済期間をもとに借入額を決めている
  2. 2.家を買った後、返済と並行して貯蓄に励み、早い時期から繰り上げ返済をする

お問合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問合わせ

0120-29-6043

受付時間
平日(月~金)9:00~17:00
土日祝10:00~17:00
※12/31~1/3,5/3~5/5を除きます。

住宅ローン TOPへ