取締役頭取 黒本淳之介
取締役頭取
黒本淳之介

2019年度中間期の金融業界は…

当中間期の経済情勢は、通商問題を巡る緊張状態が続き、輸出や生産に弱含みが見られるものの、国内では雇用や個人消費の持ち直しを背景に緩やかな回復基調の中で推移しました。

一方、金融業界を取り巻く環境は、人口減少やマイナス金利政策の長期化等厳しい状況が続くとともに、フィンテックの進展等に伴うデジタライゼーションへの対応は金融機関の役割を大きく変えつつあります。各地域金融機関は、地域に根ざした金融仲介機能を発揮するという本来の業務を深掘するとともに、ITを活用した決済手段等新たなサービスの領域を拡大していくことで、低金利競争からの脱却と独自のビジネスモデルの追及に取り組んでおります。

当行の業績と第九次中期経営計画

当行は、2017年4月から第九次中期経営計画をスタートさせました。

当計画では、目指す銀行像として「お客様から信頼され選ばれ続ける銀行」を掲げ、「お客様に適したきめ細やかなサービスを提供し、ご満足いただいた結果が地域の活性化に結びつき、ひいては当行の収益につながる」という好循環の形成に努めているところです。この結果、2019年度中間期につきましては、経常利益21億円、中間純利益8億円を計上いたしました。

当行の進むべき道は…

当行は、適切なリスクテイクにより、健全で収益性の高い資産ポートフォリオの構築を目指すとともに、生産性の向上を通して営業活動に注力できる態勢を整え、より一層、強靭な収益基盤を構築いたします。加えて、諸法令やルールを厳格に遵守するコンプライアンスの意識を一層高めるとともに、リスク管理態勢の高度化を図ります。

こうした取組みを通じて当行は、「First for Youあなたとともに」のブランドスローガンのもと、お客様本位の金融サービスをこれまで以上に提供し続けていくことで、企業の生産性向上とお客様の資産形成を実現し、ひいては地域経済の発展に貢献してまいります。

私ども栃木銀行は、地域の皆さまとともに未来へ歩み続け、夢を実現し、喜びを分かち合うことで、「お客様から信頼され選ばれ続ける銀行」となることを目指し、役職員一丸となってたゆまぬ努力を続けてまいる所存です。

栃木銀行について TOPへ